NPO法人 出水麓街なみ保存会

Izumi-fumoto Preservation meeting of streets

保存会の発足と構成

昭和51年10月、武家屋敷の所有者で構成された「出水麓武家屋敷保存会」が組織され、その後、平成7年12月26日、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されたこと受け、平成10年4月12日より組織・名称も改編し、「出水麓街なみ保存会」として発足しました。出水麓地区5集落の約330戸の会員で構成され、下記のような活動を通して出水の歴史・文化を広く全国に情報発信をしています。平成27年8月からはNPO法人として再スタートとして活動しています。

保存会の活動

地域の歴史を学ぶ麓の歴史講座(年2回)、研修旅行、全国街並みゼミや九州町並みゼミへの積極的な参加、麓まつりの開催など、街の活性化のため、活動を行っています。  平成21年4月1日より、指定管理者制度の導入にともない、公開武家屋敷「竹添邸」「武宮邸」の管理を担うようになりました。その後「税所邸」が公開されて、3軒の武家屋敷の管理を行っています。

麓まつり

第三代地頭の山田昌巌の遺徳を偲び、平成12年より、毎年11月上旬に開催し、昔の若者の城攻めの訓練を再現した時代絵巻「稚児請の式」(ちごもうしのしき)や県指定無形民俗文化財の「種子島楽」など多数の武芸や郷土芸能が披露され、今では市の一大イベントになっております。

トピック

・平成21年に出水麓地区は、国土交通省の都市景観大賞「美しいまちなみ優秀賞」を受賞し、また大河ドラマ「篤姫」のロケ地としても使われたことで、さらに注目を集めています。